送料無料のシステムのメリット

送料無料のシステムのメリット

ネット通販が普及して、商品を注文する時に気になるのが 商品はもちろんであって送料ですよね。送料無料や当日配送ができる事が当たり前かのように思っている人も少なくないと思います。ですが、ネット通販の普及に伴って宅配便の必要性が高まり、宅配業者の価格値上げが続いています。では、送料を取らずに、無料で販売しているショップは、なぜそれができるのか、どのような仕組みになっているのか、そして、送料無料の場合は得であるのかを紹介していきたいと思います。

送料無料の仕組み

商品を購入して それを自宅に届けてもらうための配送料は必ず必要になります。送料無料の料金設定はショップによって自由に設定されることが多く、設定方法は大きく“商品価格に送料が含まれている”パターンと、“ショップ側が送料を負担している”パターンの2種類です。

実際に商品の値段を決める時、原価(商品の仕入れ値)、売るためにかかる経費(送料や手数料など)、利益の3つを含めて考えることが多いので、たとえば「送料無料」と記載されている場合でも、経費の部分に宅配業者に支払う送料も込で価格が設定されている場合があります。

例をみて考えてみましょう。送料が無料で5000円の商品の場合、原価が2000円だとします。送料を含めた経費を最大1000円上乗せしたとしても、残りの2000円分が儲けとなります。ですが、他の店舗で送料など経費を含めない料金であったとします。この時、送料無料の店舗で購入するよりも、送料別の店舗で購入した方が、合計金額が安くなることがあります。

配送料は必ず必要

配送には必ず送料がかかるので、単価が安いのに送料無料とされている場合には、販売側が送料を負担している場合があります。その場合、前に出したい商品を送料無料にして、その他の商品の売上で販売側が負担した送料を補うという計算で調整されていることがほとんどです。そして、送料設定額が実際よりも安く設定されている店舗や、次のページで説明する一定金額以上購入すると送料無料になる場合にも、送料の一部を店舗が負担していると思っていいでしょう。

6,500円以上購入で送料無料

ネット通販のSports authority(スポーツ オーソリティー)では 多くのネットショップが実施しているサービスで、¥6500以上 購入すれば送料無料になるシステムを実地しています。「平均客単価(売上÷購買件数)」に「平均商品単価(売上÷延べ購買商品件数)」を上乗せした合計額に設定するのが基本です。
そして「平均客単価」に「低価格商品1~2品」を上乗せする方法もあります。顧客が「あともう1品買えば送料がタダになってトクする」と思うことで、購買単価のアップが期待されています。

Lloyd Garciaさん(@co_runner_lifter)がシェアした投稿

まとめ

送料が無料になる事によって、値段は 大きく変動します。ですので、そのサービスは 購入者側にとっては とても有り難いと思います。ですが 送料無料と記載されていたりしても、離島等に住んでる場合は無料でない場合があるので 記載された文面をよく読んでから購入しましょう。

Comments are closed